KnowledgeK-POPの知識・コラム

EXOやSHINeeなどK-POP男性アーティストに訪れる兵役とは |NOAダンス教室【K-POP】

61d9d72e2cc146e85c0e82ee564d195e_s.jpg


 兵役とは、韓国の男性にとって、避けては通れない道です。それは、世界中で高い人気を誇るK-POP男性アーティストも同様です。彼らにとって、メンバーとファンとの絆を試す試練とも呼べる兵役とは何か。ここではそれを紹介していきます。


■ 韓国の「徴兵制」とは


(1) 何歳から?期間は、どれくらい?


 韓国では「兵役法」で、すべての成人男子(韓国では満19歳で成人)に兵役の義務が課せられています。19歳になると徴兵検査を受け、健康状態、精神状態を判断されて1級~7級の等級に分類されます。分類のうち、1~3級が「現役兵」として実際の軍隊に入ることになります。持病がある場合は、軍隊ではなく公的機関の事務仕事をおこなう「補充兵」に、持病ではなく身体的に軍務が無理な場合は物資運搬など後方支援にまわる「第二国民役」になります。また、所属によって期間が異なり、陸軍と海兵隊が21カ月、海軍が23カ月、空軍が24カ月とされています。


(2) 入隊するタイミングは?


 入隊する年齢は基本的に19歳からですが、進学や芸能活動などのやむを得ない理由で延期することもできます。期限は満30歳までで、これまでに入隊しなければなりません。しかし、軍隊簿の上下関係は年齢順ではなく入隊した順番で決まるため、ほとんどの人が20代前半には入隊をしています。
なかには入隊を免除されるケースもあります。免除が認められる理由としては、外国の永住権を持っていること、徴兵検査で身体的または精神的に兵役が不可能と判断された場合などに限ります。これは徴兵検査を受けた人の約5%ほどであるので、兵役が免除されるケースはそれほど多くはありません。
やはり、韓国の男性にとって19歳という年齢は、大きなターニングポイントであり、兵役は韓国民とは切っても切り離せないものなのです。 


(3) 何をするの?


韓国と北朝鮮は現在、休戦状態にあります。しかし、いつ戦争が起きてもおかしくないほど関係なのです。なので、韓国では、いつでも戦争に備えられるように兵役制度を採用しています。
まず、入隊前に5週間に及ぶ基礎訓練を受けることになります。基礎訓練では射撃や手榴弾の扱い方、行軍などの特訓を行います。また、軍人としての作法を学ぶため、制式訓練も受けなければいけません。具体的には敬礼や歩き方など、軍人としての基本動作を指導されます。5週間の基礎訓練を終えたあとは、いよいよ軍の部隊に配属されます。陸と海、空軍、海兵隊の4つの部隊のうちの1つに派遣され、そこで軍人として厳しい訓練に務めることになります。


■ 現在兵役中のK-POPアーティスト


 現在絶大な人気を誇るK-POPアーティストですが、彼らも芸能人やアイドルで忙しいからという理由で兵役を免除することはできません。彼らもまたK-POPアーティストである前に韓国民であるため兵役の徴兵に従うほかないのです。
 昨年2018年には、BIGBANGのメンバーでソロでも活動しているG-DRAGONが兵役で入隊することを発表し、ファンの声は驚愕で満ちていました。同じグループのSOL、D-LITEの2人も2018年内に入隊し、BIGBANGのメンバーのほとんどが現在兵役に就いています。
他にもCNBLUE、INFINITE、2PMなどの人気K-POPグループのメンバーが続々と兵役に就いており、実質活動休止のK-POPグループが増えてきました。


さらに、メンバーの入隊するタイミングによっては、再開のタイミングもまた異なってきます。大人数のグループであるSUPER JUNIORはバラバラの時期に入隊しています。そのため、2010年7月に最初に入隊したカンインから、2019年5月に最後のメンバー・キュヒョンが除隊し、全員が揃うまで、約9年もの時間を要しました。一方で、CNBLUEの場合は全く違う形を取っており、メンバー4人全員がほぼ同じタイミングで入隊して、全員が2020年に戻ってくるため、バンドとしての復帰も早いと言えそうです。


■ これから兵役予定のアーティスト


以前は満30歳までには入隊をしなければならないとなっていましたが、2018年5月に兵役法が改正され、満28歳までに入隊をしなければならないと取り決められました。よって、今年2019年までに1990年生まれの人は入隊し、兵役に就かなければなりません。
では、これから兵役に従って、入隊するK-POPアーティストには誰がいるのでしょうか。FTISLANDのイ・ホンギは今年2019年の9月以降の早い段階で入隊を予定しています。BTS(防弾少年団)最年長のJINは来年28歳になるので入隊を予定しています。韓国の人気俳優パク・ボゴムは来年27歳になるので来年から再来年にかけて入隊を予定しています。


他にもEXOのメンバーが、今年2019年5月7日にシウミンが入隊したことを皮切りに、7月にはD.O.(ディオ)が入隊し、EXOにも兵役に就いていく流れができてきました。今後他のメンバーも続々と入隊を決めていくことになるでしょう。


しかし、入隊に行くアーティストばかりで、K-POPが衰退していくという訳ではありません。今年入隊するアーティストがいるということは、今年除隊するアーティストもまたいるということです。再び戻ってくるアーティストの方々もこれまで以上の活躍を見せてくれることでしょう。


■ 兵役中の活動は?復帰までどれくらい?


 基本的に兵役中に活動を行うことはできず、実質活動休止となってしまいます。そのため、ファンの人たちは自分が応援しているアイドルグループが復帰することをただ待つことしかできません。なので、昔の映像をYouTubeやDVDなどで繰り返し見たり、SNSで彼らの動向を探ったり、それぞれがなんらかの形で空白の時間をやり過ごすのです。なかには、ファン同士で集まって寂しさを共有し、入隊前の思い出を懐古して復帰の時を楽しみに待つこともあります。


 しかし、服務内容によっては、推したちが軍主催のイベントなどで表舞台に出てくることもあります。例えば、東方神起のユンホは、兵役中に韓国陸軍が主催する年に1度の大型イベント『地上軍フェスティバル』に出演し、久しぶりにパフォーマンスを披露しました。


兵役を終えて復帰するまでに約1年半から2年ほどかかります。しかし、兵役期間の短縮が2018年10月から実施されました。最終的には、陸軍の兵役期間は21カ月から18カ月に短縮されますが(服務内容によっては期間は変わる)、それが完全に実施されるのは、2020年6月15日以降に入隊した人からになります。それ以前の人は入隊時期によって短縮期間が変わってくる仕組みになっています。復帰までが単純に早くなるので、復帰を待ち望むファンの方にとっては嬉しい変更と言えるでしょう。


おわりに
韓国では現政権になってから兵役期間が短縮されましたが、その一方で、満30歳までだった入隊期限が満28歳までになり、また入隊時期の延長や、海外渡航の制限などが厳しくなりました。そのため、ここ最近の27歳を超えたアイドル達の入隊が相次いでいると考えられます。東方神起やSUPER JUNIORのように、兵役期間を終えて完全に復活を果たすためには、入隊までに確固たる地位を築いておくことが大切です。今後、入隊する予定のグループのメンバーが、活動休止というブランクを乗り越えるためには、自分たちの地位の確立とファンとの信頼関係の構築が必要となってきます。ファンの皆様も私達がもう一度大好きなK-POPアーティストを見られることを楽しみに待ちましょう。